6月 17, 2024
胃のイラスト

20代男性であっても大腸内視鏡検査を受ける必要がある理由

食生活が欧米化しているから

昔に比べて、日本人の食生活は大きく変わってきています。魚中心ではなく、肉中心の食事へとシフトしており、大腸がんにかかりやすくなっているので注意が必要です。
20代の男性は一般に仕事で忙しく、食生活が乱れがちです。野菜の摂取量が少ない、また肉を多食するような方は、20代であっても定期的に大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。
もしも大腸がんにかかっていても、早期に発見できれば、治療を行うことが十分に可能です。安心して毎日仕事に取り組むために、内視鏡検査はとても大事だと言えます。

遺伝も関係しているから

健康を維持するため、食生活に気を使っている20代男性もいるでしょう。食物繊維をたっぷりと摂取するなど、健康的な食事を毎日食べている男性であっても、大腸がんにかかる可能性があります。
親族に大腸がんやポリープにかかったことがある方がいれば、大腸がんなどにかかるリスクは高まるので要注意です。このような方は、定期的に大腸内視鏡検査を受けましょう。ミドル世代になってからではなく、若年層でも検査を受けることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です