6月 17, 2024
お腹を押さえる男性

内視鏡検査を受けるべき20代男性に関する体の変化

嘔吐が多くなった

暴飲暴食だけではなく、風邪を引いた場合でも嘔吐を引き起こしてしまうことがあります。このような場合には一時的に症状が起こると言われていますが、中には長く継続的に嘔吐が起こってしまうケースもあります。
嘔吐も大腸がんの原因と言われており、20代の男性で嘔吐が長く起こる場合には、注意が必要です。仕事で忙しい生活を送っている場合でも、休日などを利用して病院で大腸の内視鏡検査を受けるようにしましょう。

体重が減少した

ダイエットをしていないにもかかわらず、体重が減少する20代の男性もいます。また多忙のために食事ができないことがあり、やつれてしまうことがあるでしょう。体重減少は単に食事量の減少だけではなく、大腸がんにかかっているケースでも起こるものです。
もしも急に体重が減少している場合には、病院で内視鏡検査を受けてみることをおすすめします。大腸がんにかかっている可能性も否定できないため、安心を得るためにも検査は大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です